Project AXiV(アクシヴ)によるライブイベント、リリース情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆LIVES:



●尺八 : 大賀悠司



















1986年、神奈川県に生まれる。

2005年、大学入学とともに尺八を始め、

琴古流尺八を本間豊堂、菅原久仁義各師に習う。

2009年、菅原久仁義に琴古流尺八を師事。

NHK邦楽技能者育成会第54期卒。






●箏 : 神谷舞























 

1987年、埼玉県に生まれる。

2002年、高校入学と共に箏曲部に入部、小野正志氏に箏を習う。

2003・2004年、全国高等学校総合文化祭に出場。

2003年には文化庁長官賞を受賞し、国立劇場での優秀校東京公演に出演する。

2006年より、梶ヶ野亜生氏に師事。

2008年より、沢井一恵氏に師事。

沢井箏曲院会員。

NHK邦楽技能者育成会第54期卒。






 




 


●艶奉-envu-



















ダンス、エレクトリックギター、和太鼓によるユニット。

日本古来の音楽、インド音楽などを現代的に取り入れた

トランスミュージックにような世界観に、

様々なスタイルのダンサーとのコラボを都内を中心に活動中。


三條誠二(guitar)

http://sunholixxx.blog.shinobi.jp/

Wave Drum辻田浩之(和太鼓)

http://wavedrum.info/index.htm

しづか(舞)

http://ameblo.jp/okichi1212/





 




 ☆DANCE:



 ●舞:しづか(FUSION)



















女優、ダンスパフォーマー、宇宙と繋がる独自のダンスパフォーマンスで

観客の心を自由と解放にみちびく。

演劇やパフォーマンスを通して、世界が一つになると信じ、舞台を中心に活動中。

演劇集団太陽の遊園地(http://ameblo.jp/okichi1212/)主催、

現在[お吉物語]全国公演展開中。





●jazz dance : 喫音(きつね)



















曲・衣装・テーマ・振り付けに「和風」を用いるのが好きな、

体の固いへっぽこダンサー。

ジャンルは固定せず、やりたい放題 好き放題に放浪を続ける。

 

独学で種々のダンスをかじり散らかすなか、

高校時代、友人がきっかけでお囃子の「狐」の踊りに出会う。

見よう見まねで踊ってみて以来、和とのコラボにハマる。

へっぽこなりにふんばる毎日。


【contact】http://blog.goo.ne.jp/kizne/






●舞踊 : 村上美樹

























日本の伝統芸能や祭りをモチーフに、

日本人の心の豊かさを表現のテーマとし、

クリエイティブな癒しの空間を創る「舞踊スペース花鳥風月」主宰。

2008年よりクリスタルボウル演奏もはじめ、さらに時空を広げている。

http://www.japanese-fairy.com 









☆Performance:



●クリスタルボウル : 福島照代

























当たり前すぎたモノの中に、ふとキレイを発見する。

聞きなれた音や言葉が、ふと深く心に沁み込む。

目に見える世界がすべてではなく、

見えない世界の不思議さを実感する。


感じることで広がる世界。。。


『クリスタルボウル』という、ヒーリング効果の高い、

水晶で作られたの楽器の演奏活動をしています。

 

http://kyo-crystalbowl.net/

http://iramkarapte.hama1.jp/





 




 


☆DJ:



●風光明媚(-極楽-)

















新たな出会いで、自分とみんなが深まっていく。

ハテナは尽きないし、どんどん面白くなっていく。


関係や調和を、深めていける。

そういうのが好きです。





●ワキタケヲ

















過去にDJ、バンドにてウッドベースを務めるも活動停止。

昨年より4年ぶりに活動再開。現在、主に大崎「virgin cafe」にて

「black lodge」等のイベントを細々と主催する。

ジャンルレスで、映画のサントラのようなDJを心がけている。





 






 ☆VJ:



●Ringteng

























映像集団uttori所属。

All our visuals from sound.あくまでも音に忠実に、

そして心地よく。floorの音を誰よりも感じ、そして表現する映像集団。

見ている人間の脳汁をしぼりだし、光悦の世界へと導く。

オーガニックかつトライバル、ビビットでサイケデリックな長い長い映像の旅へ・・・

 

スポンサーサイト

[2009/04/20 22:41] | ARTiFACT
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。