Project AXiV(アクシヴ)によるライブイベント、リリース情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっと触る時間が出来たのでインプレ。

1.多出力極まり!音色、配列、定位諸々…自由度高過ぎ!音作り面白過ぎ!てかもうわけわからんwwwモデリングの精度良過ぎて、大音量で使わない限りアンプ使わなくなりそう。
今後はデフォでPA直かも。

2.send return端子が欲しかった!
折角エフェクトも含めて一台完結狙ってるのに勿体無いあせあせ(飛び散る汗)
歪みやワウはコンパクト!とか言う人には不向きな仕様。

3.ループマシンはオマケですww単体で別に用意したくなる。

4.GK側だけでなく、マグネットPUにもアンプシミュレーター&エフェクト処理出来るので、
規格外の7弦以上の楽器にも使用可っぽい。(モデリング&シンセは勿論6弦までだが)
SR7VIISCにもPU着け直そうかしら?精度考えたらやはりTSCで改造か。。。
スポンサーサイト

[2011/02/09 21:34] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。