Project AXiV(アクシヴ)によるライブイベント、リリース情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 1.18(Sun) 「ARTiFACT vol.1」の出演アーティストです。





☆LIVE 1: ・ダンス : 宮保恵 × 三條誠二 × Wave Drum辻田浩之...and more






●ダンス : 宮保 恵























ダンサー。

 

音大在学中にダンスに出会う。05年ソロ活動開始、たまに作品を発表。

美術館・倉庫・ギャラリー・カフェ等、どこでも踊る。クラブイベントにも出没。

即興による音楽家とのコラボや、ユニット「chiffon」を中心に活動。

 

音と、空間と、遊ぶ。感じるままに、踊る。





●Guitar : 三條誠二
























ベース、ギター奏者。

2003年よりソロを中心に舞踏や美術作品等のパフォーミングアート、

多ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションを主に活動。

今回はギタリストとして参加。



http://sunholixxx.blog.shinobi.jp/





●和太鼓 : Wave Drum辻田浩之





















 

「グルーヴする和太鼓」 WaveDrum 辻田浩之

 

10代の頃、ロックにより自分の中の音楽が目覚め、

ロックドラムを始める。

その後、より力強い音楽を求めるうちに和太鼓と出会う。

それから、全身を使って太鼓に打ち向かうスタイルのとりことなり、

ひたすら打ち続けることで自分の音楽を追求する。

打ち続けているうちに、和太鼓の持つ独特な音の深さや、

響きに魅せられて、さらにのめり込んでいく。

また一つの太鼓でもいろいろな音が出せる面白さをも見いだし、

自分のスタイルを作るうえでの大きな要素となる。

そしてリズムを変化させたり、重ね合わせたり、

繰り返したりしながらグルーブを生み出していくという、

今までにない新しい太鼓の世界を作り出すに至る。

時を合わせて、その太鼓を言い表すのふさわしい名前 

「Wave Drum」 を古くからの知人である、

画家 春のうらら氏より頂き、ますます自分のスタイルを確立していく。

ソロで演奏することを主体として活動をしているが、ミュージシャンは

もとより様々なジャンルのアーティストとも共演している。

(人形師、画家、生け花師、舞踏家、ベリーダンサー、

タップダンサー、日本舞踊、カリンバやジャンベなどの

民族楽器奏者、ジャズミュージシャンなど) 

多くのセッションにより、新たな音世界の模索も行っている。



http://wavedrum.info/index.htm






☆LIVE 2: vizry(ビズリー) × Hikaru Watanabe (SFH)





●Dance : vizry(ビズリー)























学生時にミュージカルを経験。2005年にベリーダンスに出会う。

パントマイム等、多様なダンススタイルを経て、

現在では型にとらわれることのない

トライバル・フュージョン・スタイルを中心に、

レストランショーから完全即興演奏イベントまで、

さまざまな方面で活動中。

剣や火を使った陰要素の強いダンスから、

コミカルキャラ(アフロ舞子)のコケティッシュなショーまで

独特の世界観でのパフォーマンスを繰り広げる。






●Processed Guitar : Hikaru Watanabe (from SFH)

 





















A Study in Guitar For Loop System





信号処理された電子ギターで、

Looper (RC-50)に入力を行います。

Looperとは、入力された信号を、

音楽的タームで、繰り返し出力し、演奏者に還す機材のこと。

 


入力された信号は、分析されたテンポに基づき、小節で区切られ、

繰り返し再生処理をされ、その機材から出力されます。


一人のギター奏者から演奏信号を、

今回使用する機材では3個の別々に、

独立した信号として出力し、ギター奏者に還していきます。


出力される、還ってくる信号に対して反応をするギター奏者。

そして、順次更新され、入力されるギター演奏信号。


「自分と対話している自分との対話」


それはLooperという、時間を取り込む機材を通じて、

自分を見つめる作業。


弾き終わったギター奏者は何をつかむのか?。

その場に立ち会う人達は、何を感じるのでしょうか?。


教えてください。


http://www.myspace.com/soundleaves 

http://www.sfh-sound.com/

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1970931






 ☆LIVE 3: 幸海 Sakimi × 1869





●舞踏&Voice : 幸海 Sakimi



















音の波を泳ぐ、即興舞&唄


'07年は京都を拠点に、長野や石川のお祭りやライブハウスなどで、

Tef-Tef、AHUM、AKI-RA sunriseと響宴☆

'08年は即興前衛アーティスト集団BENTENに参加し、

全国のお祭りや野外フェス、ライブハウスなどでライブを行う。


ジャンルを超えた音楽との繋がりに導かれるべく、

いまこの場所、時、人、音を感じ、様々なスタイルで踊り歌う。





 ●Guitar : 1869 (iwa-rock)















 

これまでいくつものバンド、プロジェクトを経て、

2008年即興演奏集団BENTENに参加。

 

これまで出会ったたくさんの人達の愛に感謝し

これから出会うたくさんの人達に愛を届ける為

 

その瞬間最高の感謝をギターから響かせ続けている。




 

☆DJ:



●風光明媚(-極楽-)

















新たな出会いで、自分とみんなが深まっていく。

ハテナは尽きないし、どんどん面白くなっていく。


関係や調和を、深めていける。

そういうのが好きです。 



 




 


 ☆VJ:



●mie(ミィ)

















音とともに映像がある空間が好き。

音が生きる、表現者が活きる



その場所が、創造の世界になる瞬間を創りたい。



2008年、秋から活動を開始!

よろしくお願いします。

 


スポンサーサイト

[2008/12/17 20:33] | ARTiFACT
トラックバック:(0) |

そろそろ1ヶ月前なので告知をば。


「ARTiFACT vol.1」

 2009 1.18(Sun)


 @阿佐ヶ谷GAMUSO(03-3223-4041)

 http://www.gamuso.com/

 OPEN 18:00/START 19:00

 @door:1500w/1D




「ART」 × 「artitact」 × 「FACT」


総合ArtEvent「ALCHEMIST」の番外編として「ARTiFACT」を行ないます。

ALCHEMISTが「錬金術」で無から有を生み出す科学という意味で、

既存の表現を超えて新しい表現を作るという願いを込めての

イベントだとしたら、 ARTiFACTはその手前の段階の、

人が表現した事によってもたらされる現象。

その一つ一つの事実に対して意味を込めてのイベントで、

「ALCHEMIST」に向かう為の「ARTiFACT」というコンセプトで考えてます。


今回は3組のライブパフォーマンスに加えて、

ラストにセッションタイムで構成しています。


詳細はまた公開します。



[2008/12/08 14:10] | Live
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。